『テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

2017年10月16日

インドネシア ジャカルタの空港から市内へのタクシー (その2)





以前紹介したジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港からジャカルタ市内までタクシーで移動する方法ですが、若干金額が変わっているので最新情報です。 (2017時点)

http://world-arukikata.seesaa.net/category/26061219-2.html

以前は、行先にによる区間料金みたいな金額をメータ料金に上乗せする必要があったのですが、今は不要になりました。
なので、メータ料金+高速代で市内に行く事が出来ます。

空港からジャカルタ市内のマンガブサールへ行った場合、料金の目安はこんな感じです。
降りる場所により料金が変わるので、メーター料金は参考です。

メーター料金:111000ルピア
高速代合計:9000 + 7000 = 16000ルピア (空港からの場合、料金所が2つあり、その合計金額)
合計:127000ルピア
IMG_4804.JPG

高速料金と初乗り料金の値上がりましたが、区間料金が廃止されたので2014年とほぼ変わらない金額でした。
東南アジアの中では、若干治安の悪いインドネシア注意して移動してください。










posted by 旅人H at 14:21| Comment(0) | Indonesia (インドネシア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

ボラカイ イクリプスダイビングセンター





IMG_4198.JPG


ボラカイに行った時にいつも行くイクリプスダイビングセンター。
ボラカイ島ステーション2 ビーチロードにあるサブウェイ (subway)の数軒隣あるダイビングセンターです。
ここは、日本人のインストラクターが数名いて、少人数制でのダイビングが基本なので、安心してダイビングが出来ます。
自分もここで、ライセンスをとりました。

IMG_4221.JPG


IMG_4710.JPG


ボラカイ島でダイビングをする時は、イクリプスダイビングセンターに行ってみては。

住所:Station 2 mangayad boracay malay aklan 5608

【ダイビングショップのリンク】
http://www.synka.jp/BoracayEclipsedivecenter/

VHRG5732.jpg


IMG_4543.JPG









posted by 旅人H at 23:23| Comment(0) | Boracay (ボラカイ島) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

ローカルバスで行くベトナム北部のビーチリゾート ドーソンへの行き方





ベトナム北部のビーチリゾート ドーソン。
ハノイ近郊に住んでいるベトナム人は海で泳ぐ場合ドーソンへ行きます。
ドーソンはバスでハノイから2時間〜2時間半ぐらいで到着します。

ハノイ近郊に住んでいるベトナム人には、人気がありますが自分的にはイマイチなビーチです。
なぜかというと、雨の有無などに関わらず海の水がいつでも茶色に濁っているからです。
海汚くてその色になっているわけではなく、波により海中の土が巻き上げられてその色になっているようです。
ただ、ベトナム北部に住んでいる人ならまだしも、観光客があえて泳ぎに行くような、海ではないと感じました。
どうせ行くなら、ダナンやニャチャンへ行った方が良いと思います。
まあ、一応ドーソンはビーチリゾートなので、海の家的なものや、アクティビティなどがあります。
トイレやシャワーなどは、1回 20〜30円ぐらいで借りる事が出来ます。

ここからが行き方です。
まずは、以前紹介したハイフォンへの行き方と同様にハイフォンへ向かいます。

【ハイフォンへの行き方】
http://world-arukikata.seesaa.net/article/446510194.html

ハイフォンへ到着したら、連絡バスに乗り換えてドーソンのバスが乗れる場所までバンで連れて行ってもらいます。(連絡バスの車種ははハイエースやキャラバンなどです。)
このバンにはバス会社 HAI AUと書かれており、係の人に Ben xe Cau Rao へ行きたいと伝えましょう。
言葉で伝えるのが難しければ、紙に書いて見せればOKです。
無料でドーソン行きのバスが乗れる場所まで連れて行ってくれます。所要時間は10分〜15分です。

do.jpg


バスを降りると近くにドーソン行きのバスが停車していると思うので、乗ります。
バスに乗ると係の人が集金に来るので、17000ドン(値上がりしている可能性あり)を渡します。
お金を渡すとチケットをくれるので大事に持っておきましょう。
バスは40分ほどでドーソンに到着します。

be.jpg


帰りはタクシーでハイフォンまで戻る方が良いでしょう。
夕方になるとバスの本数が少なくハイフォンからハノイ行きのバスに乗り遅れる可能性があるので。。。
タクシーの場合、Niem Nghiaへ行きたいと言うか紙を見せればOKです。
当時は、向こうの言い値は270000 〜 300000ドンでしたが、交渉すると250000ドンまで下がりました。
250000ドンの場合は、メーター料金よりも安いです。

Niem NghiaのVIP HAI AUのバスはハノイ行きの最終便が20時ですが、10分、15分前に出発する事もあるので、19時半には到着した方が良いです。



posted by 旅人H at 19:09| Comment(0) | Vietnam (ベトナム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。